インビザライン矯正がおすすめの利用

インビザライン矯正のやりかた

インビザラインとはマウスピースを使った装置の目立ちにくい矯正方法のひとつになります。歯の動きを3Dシミュレーションし、 ロボットがマウスピースを作成するという画期的な矯正方法です。ワイヤーでブラケットを固定する矯正方法と異なり、 分で取り外すことが出来ますし、透明なマウスピースは目立たないので見た目を気にすることなく矯正を進めることが出来るのは大きな魅力です。 インビザライン矯正の簡単な流れとしてはまずカウンセリングをしっかりと行います。

全ての方にインビザライン矯正が適応するわけではありません。重度な不正咬合には向かないことが多く、 適応は軽度から中程度の不正咬合に留まるでしょう。中にはワイヤーを使った矯正と合わせて歯の移動を進めていかなければならない 場合もあります。 また、自分で取り外しが出来るが故にその都度しっかり洗浄、保管しなければならない面倒臭さや、 紛失のリスクがあります。ついつい外している時間が長くなってしまえばそれだけ歯の移動は理想的には進みにくくなります。

また、取り外したマウスピースが正確に装着できていないかもしれないというリスクもあります。 メリットだけではなくこれらのデメリット部分もしっかり理解した上で診断を行い、 口の中の模型や写真などの資料情報をインビザラインのマウスピースを作成しているか会社へ送り、装置が出来上がってくるのを待ち、 それが矯正歯科医院へ届くのを待ってようやくインビザライン矯正が始まります。

☆インビザライン矯正関連サイト☆
インビザライン矯正 歯医者⇒⇒⇒インビザライン矯正は見た目が気にならなく、画期的な矯正方法です。ただ値段は高めとなりますので、実施には歯医者さんで相談した方がいいです。東京でインビザライン矯正ができる歯医者ですので問い合わせする際はひとつの候補にしてみてください。